テレアポ切り返しトーク

テレアポテレアポをしているときに、相手の反論としてよく出てくるセリフに、「(すでに)間に合っている」があります。相手に「間に合っている」と言われてしまうと、その時点で、NO=終わりと考える人が多いと思います。

しかし、たくさんのテレアポを受けている人にとっては、とにかくテレアポだとわかったら、何かの理由をつけて断ろうと考えているのが実情です。断る理由の中で、最も一般的なのが「間に合っている」「必要ない」です。

このように言われて、その言葉を真に受けていては、アポの確率はいっこうに上がりません。しかも、そのまま引き下がってしまったら、相手の真意を聞くことなく、電話を切ることになります。

そこで、「間に合っている」と言われると、なかなか切り返しのトークが思いつかない人のために、絶妙な切り返しトークをお教えしましょう。もし、電話口で「間に合っている」と言われたら、

「そうですか、間に合っているということですね。120%満足していらっしゃいますか?」

と切り返すのです。それに対して、相手の回答がYESの場合は、

「そうですか。現状で満足されていますか。ただ、私もいますぐにとは思っておりません。今後のことを含めてOOさんにとっていいお話かどうか、ご判断いただきたいのですが。ぜひ、一度お話を聞いてください」

相手の回答がNOの場合だったら、

「そうですか。それでは具体的にどの部分がご不満なのかお聞かせいただけます。また、私の話がOOさんにとっていいお話かどうか、ご判断いただきたいのですが。ご判断はOOさんにお任せいたします。ぜひ、一度お話を聞いてください」このようなトークで切り返します。テレアポには技術があります。テレアポ代行会社をご紹介しておきます。

おすすめサイト:テレアポ代行、営業代行サービスなら格安テレアポのビズコール