モチベーションとテレアポ

テレアポは会った事のないへ電話をする行為です。そのため、テレアポで断られると、 モチベーションが下がります。それが続くと、もうやめてしまい たいと思いはじめます。

モチベーションを上げるには、何らかの目標が必要です。 1日のテレアポで、何件のアポ イントが取れるか、必ず目標を持つようにしてください。よく言われることですが、目標は 紙に書いて、見えるところに貼ると効果的です。

テレアポの場合は、スクリプトやリストに書くとよいでしょう。そして、 常に見えるところに貼っておきます。

また、テレアポを数名でやっているのなら、ゲーム感覚でテレアポをすることもモチベーションすることも一つの手でしょう。

テレアポの場合は、スクリプト(トークの文章)やリストに書くとよいでしょう。そして、 常に見えるところに貼っておきます。

目標が達成できると、上司にほめられたり、営業成績の向上にもつながるはずです。目標達成には、必ず何らかの結果がついてきます。

結果が出たら、昼食をいつもより豪華なものにするとか、ほしかったものを買うなど、自分で自分にごほうびをあげてもいいでしょう。

モチベ ーションは心の問題ですが、何ヶ月も引きずることではないので、少し距離を置くことで解決することができます。このように色々と工夫して、心のメンテナンスをするようにしましょう。

では、私たちはどうするべきなのでしょうか?それは、相手から「嫌われること」を受 け入れ、「断られること」を前提にテレアポをすればいいということです。

つまり、考え方を変えるのです。考え方を変えると、自分自身が変わります。また、相手 から断られるという前提でテレアポをすると、気持ちがずっとラクになります。

これによって、機械的にテレアポを行なうことができるようになります。ダメだったら次、 次とかけ続けることができるようになります。断られる前提でテレアポをすると、悩まなくてすむようになります。

テレアポは断られて当たり前という前提であれば、断られてもモチベーションが下がることはありません。