テレアポ営業をゲーム化する

辛い営業をゲーム化するのも特徴的な風土でした。アポ取り大会や受注キャンペーンなど、
グラフやディスプレイを壁一面に貼ってゲーム化していました。
例えば、受注獲得キャンペーン。営業マンが期末までに何件の新規受注ができるのかを争
います。商品はディナーや商品券と安価なものだったのですが、結構盛り上がりました。ス
タッフも参加できるよう、競馬のように応援する営業マンをベットできるようにしてチーム
対抗で競ったり、事業部全体で営業を盛り上 げていました。辛い営業をゲームにするのがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です