ロールフレイによる検険

さあスクリプトができました。いきなりかけてみるのもいいですが、まず社内でロlルプレイをしてみましょう。一人がお客様、もう一人が営業マンになって擬似的に練習をしてみます。全てのパターンを試してスクリプトに無理や無駄がないか、丁寧に確認します。ここでも意外とたくさんの気づきがあります。当社でも作成したスクリプトは、まずロールプレイを行って確認をしてから活用するようにしています。

スクリフトの悪い例

よくお客様が作られたものを拝見させていただくのですが、正直これではアポイントは取れないな、というスクリプトもあります。よくある悪い例

  • 長い

とにかく説明やヒヤリングの長いスクリプトです。はじめて電話をかけるお客様は、ほとんど聞いてくれません。シンプルにポイントと用件を伝えるのが重要です。前述しましたが、A4一枚で収まるくらいにまとめてみましょう。

  • 自社の自慢ばかり

自社の製品やサービスがいいのはわかりますが、自慢ばかりされてもお客様はおもしアポイントは取れません。主観的な情報ではなく、あくまでも客ろくありませんし、観的な特徴を述べることが重要です。

  • 見にくい

上から下へ流れるように記入しないとわかりにくいものです。会話をしながら上下に動くと、どこにいるのかわからなくなります。上に戻ったりジャンプしたり、分岐が複雑なものも再考が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です